指標発表の時は触らない

FXを始める前には色々と考えました / 2014年1月8日 / No Comments /

アメリカで指標の発表がある時は絶対にポジションを持たないことです。雇用統計のような、アメリカ経済の健全さを見るような指標の時は、為替や株の値動きが激しくなります。ドル円を例えとしてみると、1分も経たないうちに1円も円高になったり円安になったりします。

1円と言うと大した事無いと思われるでしょうけど、レバレッジを掛けることができるので、資産の25倍の取引が出来るのです。となると、大きな損をしてしまう場合と、大きな利益をもたらす場合があるのです。

指標は、どうなるか全く分かりません。完全な丁半博打になるのです。裏か表かゲームをすることになります。それも、かなり損をする可能性を秘めています。

ロスカットされるから大丈夫と思われるでしょうが、設定されているロスカットの値段を超えてロスカットされることがあるのです。そうなってしまった場合、ヘタしてしまえば資産がマイナスになる事もあるのです。

そのような恐ろしい博打に参加することに意味などありません。指標発表の時は、絶対にFXに参加しないようにしましょう。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>