外貨預金よりもFXのほうがメリットはあります

FXを始める前には色々と考えました / 2013年12月12日 / No Comments /

外貨預金とは銀行などの金融機関を利用して日本の通過である円をアメリカのドルやヨーロッパのユーロなどの外国の通貨に交換して預金することをいい、外国為替の取引をすることによって投資をするFXと似ています。

しかしFXは外貨預金よりメリットがいくつかあります。まず外貨預金をするために円からドルやユーロなど外国の通貨に交換するために片道1円以上の手数料がかかります。これに対してFXではわずか数銭程度しかかからないので圧倒的にFXのほうが手数料が安いので、利益を出しやすいと言えます。

次に外貨預金の場合は円を売って、ドルやユーロなどの外国の通貨を買うことになるので円高になってしまった場合には為替差損が生じてしまうので利用できません。これに対してFXの場合は円を売ってドルやユーロなど外国の通貨を買うだけでなく、ドルやユーロなどの外国の通貨を売って円を買うこともできるので円安の局面だけでなく円高の局面でも利益を出すことができます。

FXを始める前には色々と考えました

FXをする前にはどこで知識を身に付ければいいのか考えました。FXについて書かれた本を買って読んでみたりしましたし、ネットでも少し調べてみたりしました。FXは色々考えだすと余計にわからなくなってしまったので取り敢えず始めてみないことには理解できそうになかったのです。

何でもそうですが自分で試してみないとなかなか理解できないものだと思います。多少は損をすることも覚悟して実際にやってみることが大切だと感じました。FXをやっている人に話を聞くことができれば一番いいと思います。色々なFXの情報は流れていますがやっている人から聞くと安心できます。

あまりお金に執着しすぎずにFXを始めことにしました。あれこれと考えたのですが結局は勢いでFXを始めたのです。お金のことなので悩むことが多かったですがちゃんと決断できないとFXも上手くできないことは確かです。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>